富士通(Fujitsu)
旧・富士電気化学株式会社。現・FDK株式会社。古河グループに属する日本の大手電池メーカーの一つ。充電式電池に関しては2010年に三洋電機のニッケル水素電池の製造部門を買収、FDKトワイセルとなり、2014年12月にはFDK本体に吸収された結果、ニッケル水素電池を自社生産するメーカーとなりました。
HP:http://www.fdk.co.jp/

Ni-Cd
富士通 FN-3U
●富士通の現ロゴ前のニカド電池。製造年月は表示されていないが、リサイクルマークが無いので大分古いものと思われる。印刷も素っ気なくて、黄色い収縮チューブにそのまま印刷したって感じですね。

☆1.2V 500mAh/生産国:日本
富士通 FN-3U
●上の後継品?大分カラフルになりましたね。容量は同じ。

☆1.2V 500mAh/生産国:日本
富士通 FN-3U (Audio)
●オーディオ用!?付属品として作られたのか、単品でも売られたのかは不明。スペック的には上記2つと同じだと思う。たぶんw。

☆1.2V 500mAh/生産国:日本
FUJITSU スーパー1000 FN-3US
●富士通が発売した大容量ニカド電池。旧・三洋OEM。1997年8月製造。

☆1.2V 1000mAh/生産国:日本(パナ)
Ni-MH
FUJITSU HYDRO POWER HR-3UW
●富士通のニッケル水素電池。「HR」刻印は見られず、三洋製ではない模様。もしかして自社製?1999年2月製造。

☆1.2V min.1400mAh,typ.1450mAh/生産国:日本
FUJITSU HYDRO POWER HR-3UF
●エネループの事実上の互換品に当たる、「富士通 充電池」の前に売られていたニッケル水素電池で、三洋2500のOEM品。型番もHR-3UFと三洋ブランドのものと同じ。

☆1.2V min.2300mAh,typ.2500mAh/生産国:日本(FDK)
富士通 充電池 HR-3UTA
●富士通が発売するエネループ対抗のニッケル水素電池。とは言っても、中身はeneloopそのものであり、5年後残存率70%で充放電使用回数が1800回と第3世代eneloopと同じスペックを持っている。
パッケージ写真

☆1.2V min.1900mAh/生産国:日本(FDK)
富士通 高容量充電池 HR-3UTHA
●富士通のハイエンドモデルニッケル水素電池。こちらは1年後残存率が75%、充放電使用回数が500回で第1世代eneloop proと同スペックである。
パッケージ写真

☆1.2V min.2400mAh/生産国:日本(FDK)
富士通 高容量充電池 HR-3UTHB
●富士通のモバイル電源に付属されていたニッケル水素電池。上記の市販用のHR-3UHAとは違う型番であり、現行モデルのeneloop proと同スペックである。

☆1.2V min.2450mAh/生産国:日本(FDK)
HEBEL HAUS HR-3UTB
●ヘーベルハウスの販促品と思しきオリジナルのモバイル電源に付属していたヘーベルハウス(HEBEL HAUS)オリジナルのニッケル水素電池。“ハ〜イ!!”というセリフでお馴染みであるヘーベルハウスのキャラクター、ヘーベル君がプリントされている。
○電池自体は富士通のモバイル電源に付属しているものと同一である、現行モデルのeneloopと同じタイプのHR-3UTBになっている。

☆1.2V min.1900mAh/生産国:日本(FDK)

トップに戻る