ソニー(SONY)
ガム型電池の開発メーカーの一社。1985年にソニーと日本電池(後のジーエス・サフト)とガム型ニカド電池を共同開発、ウォークマン“WM-101”に初採用、他社も追随する形でガム型電池を導入した。

Ni-Cd
SONY Rechargeable NC-5WM
●ウォークマン「WM-101」に初採用された、世界初のガム型電池。様々なサイズのガム型電池が現れたが、このNC-5WMのサイズで統一されることとなる。

☆1.2V 450mAh/生産国:日本
SONY Rechargeable NC-6WM
●NC-5WMの後継として発売された大容量モデル。NC-5WMと併売だった時期にはパッケージに「ロングプレイ」と書いてあった。写真の電池は1994年4月、9月製造のもの。

☆1.2V 600mAh/生産国:日本
SONY NC-6WM Rechargeable 充電式ニカド電池
●NC-6WMの2代目デザイン。リサイクルマークが付いた。写真の電池は液漏れで皮膜の色が変わってしまっている。

☆1.2V 600mAh/生産国:日本
SONY NC-6WM Rechargeable 充電式ニカド電池
●NC-6WMの3代目デザイン。裏側に詳細な注意書きが追加された。写真真中が1998年11月製造のもので一番下のものが2001年11月製造のもの。保管には付属ケースを使う旨の注意書きが追加されている。

☆1.2V 600mAh/生産国:日本
SONY Rechargeable NC-4WM
●ウォークマンのワイヤレスレシーバ用のガム型ニカド電池。NC-5WMタイプのものと比べると、長さが短いものになっている。ソニーのヘッドホンステレオではこの電池が本体で使われることがなかったが、シャープがこのタイプのガム型電池を本体用の電池として使っていた時期がある。

☆1.2V 400mAh/生産国:日本
SONY NC-4WM Rechargeable 充電式ニカド電池
●後期版のNC-4WM。NC-6WMと同じく、リサイクルマークと裏側の注意書きが追加されている。写真の電池は1999年9月製造のもの。

☆1.2V 400mAh/生産国:日本
Ni-MH
SONY NH-9WM(S) Rechargeable 充電式 ニッケル水素電池
●ソニーガム型ニッケル水素電池。この世代のNH-9WMは液漏れが酷く、写真のような液漏れが少ないものは珍しいが、写真の電池は既に寿命を迎えている。

☆1.2V 1000mAh/生産国:日本
SONY NH-9WM(S) Rechargeable 充電式ニッケル水素電池
●NH-9WM(S)の2代目デザイン。NC-6WMと同じく、裏側に詳細な注意書きが追加されている。

☆1.2V 1000mAh/生産国:日本
SONY NH-10WM Rechargeable 充電式ニッケル水素電池
●ニカド電池NC-6WMが生産中止になったので、その代替品として発売されたエントリーモデルのガム型ニッケル水素電池。

☆1.2V min.900mAh/生産国:日本
SONY NH-14WM Rechargeable 充電式ニッケル水素電池
●ソニーのガム型ニッケル水素電池の大容量モデル。写真の物は初期版で、「STAMINA」表記の下に公称容量の表記が入っている。

☆1.2V 1400mAh/生産国:日本
SONY NH-14WM(A) Rechargeable 充電式ニッケル水素電池
●NH-14WMの2世代目モデル。リサイクルマークが追加された他「STAMINA」表記の下の公称容量表記が削除、代わりに公称容量表記がmin.(最低容量)の表記に変更されている。

☆1.2V min.1350mAh/生産国:日本
Pb
SONY PB2-0.45A Rechargeable
●珍しいソニーのガム型シール鉛蓄電池。自分が確認してきた中ではウォークマンには使われていないはずなので、どの機器に使われていたのかは不明。構造はアイワの「PB-3」に似ている。表記がソニー・エナジー・テックなのも珍しい。

☆2V 450mAh/生産国:日本

トップに戻る